>

仮想通貨の特徴をよく考え、自分の通貨は自分で守る

コールドウォレットの活用は適切か

仮想通貨には、ホットウォレットとコールドウォレットがあります。
前者は常時、オンライン上で取引されているもので、利便性も高いのですが、常にウィルスの攻撃の的、ハッキングの的なるハイリスクなものです。
後者はその逆で、オフライン上で管理している為、各種ネット上の攻撃からは守られますが、売買行為等は少し時間がかかります。

仮想通貨を扱う各社の情報を見てみると、このコールドウォレットについては活用している企業が多数ありますが、取り扱いすべての仮想通貨に適応しているかどうかは不明な説明が多いです。
なぜならば、オフラインで管理するコールドウォレットは、管理費用等が莫大にかかるから。
ネット上で管理しないのであれば、取引所内独自で管理することになるのですから同然です。
しかし、取引所の中には全てコールドウォレットにて管理していると広告している会社もあり、実に会社自体のセキュリティーは事実上多種多様なようです。

マルチシグを設定しているか

マルチシグとは、複数の署名を意味します。
2段階認証とは少し違うので、同じに考えないでくださいね。
取引及び売買等において、公開鍵・秘密鍵を複数組合わせて認証していくのものです。

とっても大まかに説明すると、金庫を開ける為の鍵が3つあり、それぞれ別の場所へ保管されています。
別々に保管された3つの鍵のうち、2つが揃わなければ出金等ができないというもの。

一つ目の鍵は、取引会社サーバーへ、二つ目の会議は自分の端末で保管し、最後の会議はまた別の自分のパソコンで管理したりする方法です。
これであれば、一つのパソコンが破損等しても、もう一つのパソコンで保管した鍵があれば、サーバーと合わせて2つになる為便利です。

このマルチシグの導入も各社にバラつきがあり、まだシングルシグ対応の会社もある為十分な調査をして取引会社と決めましょう。


このコラムをシェアする